『里の秋』の本当の意味

知らなかった。

今日、何気なく童謡を聴いていたら、
『里の秋』が流れた。

その歌詞で、ちょっと気なった言葉が、
「お背戸に木の実の落ちる夜は」の「お背戸」。
「家の裏口」という意味らしいが、
転じて、「裏山(里山)」と解釈すると、
裏山で木の実の落ちる音が聞こえるほど、
秋の夜の静けさを強調しているのだとか。
なるほど、と思った次第。

それよりも、もっと驚いたというか、
もの凄くショックだったのが、
三番目の歌詞だった。

「さよならさよなら椰子の島
お舟にゆられて帰られる
ああ父さんよご無事でと
今夜も母さんと祈ります」

故郷の秋の情景を思い浮かべながら聴いていたら、
なんなんだろう、この歌詞は・・・故郷の情景はどこへ? と。

そこで調べてみたら、
この『里の秋』は、1945年(昭和20年)12月24日のNHKラジオ番組、
「外地引揚同胞激励の午后」の中で発表された童謡だたそうな。

いろいろな背景があるのですが、簡単にいうと、
南方の戦地から引き揚げてくる父さんを、
故郷で母と一緒に待っている少女というシチュエーションで
作られた歌だったとか。

これはショックでした。
のどかな故郷の秋を思った歌だとばかり思っていたので。

さらに驚いたのは、この童謡には元歌があったこと。
その元歌は、1941年(昭和16年)12月の
太平洋戦争開戦直後に作詞されたもの。

実は4番まで歌詞があって、1番、2番は同じなのですが、
3番では南方戦線で戦う父の武運を祈る少年の思い、
そして、4番では自分も兵隊になって国を護るという内容。

元歌は、国民学校の教師だった斎藤信夫が作詞した『星月夜』。
これを、童謡作曲家の海沼実が斎藤に修正を頼んだのだそうだ。

それにしても、戦意高揚のための詩を、
父の無事な復員を願う母子の思いに変えるというのも、凄い。
ライオ番組で歌ったのが童謡歌手の川田正子だったので、
母と一緒に父の無事を願う女の子とイメージされたようだ。

変更を頼む方も頼む方だけど、
変更する方も凄い。
こうゆう仕事って、妙に感動する。