演技に失敗はない

舞台演出家、俳優、そして画家の山形有斗さんと、高円寺でお酒。舞台俳優は、失敗を恐れてはいけない。演技に失敗はなく、自分をさらけ出すことが重要だと。なるほど。型を演じるのではなく、自分を出すことなのか。いい舞台だったなぁ、いい映画だったなぁというときの俳優さんは、いい演技をしていたのではなく、その役の自分を演出していたということなのだね。

山縣さんとは、舞台を生み出すまでのドキュメントを撮りたいという阿部の申し出に、快諾をいただきました。テーマは「舞台」。どんなドキュメントを撮れるかなぁ・・・楽しみ。